低炭素住宅

低炭素住宅とは?

エコまち法で定める低炭素建築物とは、建築物における生活や活動に伴って発生する二酸化炭素を抑制するための低炭素化に資する措置が講じられている、市街化区域内等に建築される建築物を指します。

  1. 省エネルギー基準を超える省エネルギー性能を持つこと、かつ低炭素化に資する措置を講じること
  2. 都市の低炭素化の促進に関する基本的な方針に照らし合わせて適切であること
  3. 資金計画が適切なものであること

「1」の省エネルギー基準を超える省エネルギー性能とは、外皮の熱性能及び一次エネルギー消費量の基準について一定以上の性能を有することをいいます。
上記「1」~「3」の全てを満たす建築物について、所管行政庁(都道府県、市または区)に認定申請を行うことにより、低炭素建築物としての認定を受けることが可能です。

2iezukuri_teitansohouse

 

 

2iezukuri_teitansohouse02

 

 

2iezukuri_teitansohouse03

自分らしく、環境にも優しい家族の笑顔を育む「Be-WILL」の家|施工事例25早く帰りたくなる家|施工事例3中野様ファミリー樋口様ファミリー心地よいサプライズと暮らす家|施工事例1温もりに包まれた心豊かに家族の会話が弾む家|施工例26高台の眺めをいかした家|施工事例8家族時間を大事にした家|施工事例7米倉様ファミリー光と温もりあふれる家|施工事例6敷地を選ばない家|施工事例4川路様ファミリー自由で明るい空気が流れる家|施工事例9﨑山様ファミリー松山様ファミリー暮らしやすさ+遊び心のエッセンス。幸せを実感できる「Be-WILL」の家。|施工事例23尾山様ファミリーすべてが自分らしくて心地いい|施工事例14吹き抜けとインナーコートを囲む回遊性のあるお家|施工例27前田様ファミリー
TOP